*

元不動産社員が教える
初心者でも分かる不動産を
高く売るたった1つのポイント

【高い査定額=高く売れる】
これは何かを売る時の常識だと思います。

ですが、不動産売却ではこの常識…
大間違いだと知っていますか?

ここでは初めて不動産を売却しようと考えてる方でも分かりやすい方法を伝えていきたいと思います。

査定額=売却価格は間違い! 不動産を売るときの注意点

不動産会社に勤務していた私だからこそ言えるあるポイントを押さえれば、あなたもきっと【不動産を高く売る】事ができますよ。

難しそう?

いえいえ。

気をつけるのは、たった1つのポイントだけなんです。

ほら、けっこう気持ちがラクになりませんか?

良い担当者を見つけること!これこそが不動産を高く売るポイントです。

不動産売却は、やるべきことが山ほどありますが、するべきことのほとんどは「不動産会社」がメインとなって行ってくれます。

つまり不動産が高く売れるかどうかも、不動産会社の担当者の頑張り次第!

だからこそ、あなたが一番やらなくてはならないことは・・・

【信頼できる担当者】を探すこと!

その担当者を見つけるときに役に立つ、
魔法の言葉をお教えしましょう

この質問で大体分かる。 最初の電話で確認する事は・・・

まずは複数の不動産会社に机上査定をしてもらいます。

その後の電話でこう言ってみてください。

「できれば、御社と専属専任媒介契約を結ぼうと思っているのですけれど…」

専属専任媒介契約(せんぞくせんにんばいかいけいやく)というのは、

一言で言うと
「あなたの会社だけにすべてお任せしますよ」という意味です。

  • 他の不動産会社に仲介を頼まない。
  • 個人的に買い手を見つけた場合も契約した不動産会社を通して売買契約する。

つまり担当者からすると、
不動産が売れれば、確実に報酬がもらえる契約なんです。

いってみれば、担当者のやる気を引き出すキーワード。
これで担当者は張り切ってくれるはずです!

その後、以下の質問への対応を比較します。

  1. 査定額の理由を聞く
    例「この査定額は相場よりも高いみたいですけど、なんでですか?」
  2. 今後の販売計画を聞く
    例「始めはどのくらいの値段で売り出す予定ですか?」
  3. あなたの要望を話す
    例「3カ月以内には売りたいけど、なんとかなりそうですか?」

ここで曖昧な回答や、勢いでゴリ押ししてくる担当者は完全にNG!

専属専任媒介契約と聞いて、自分の営業成績を上げることしか考えていない担当者です。

あなたの要望を親身に聞いて、分かりやすく丁寧に説明してくれるかを確認して下さい。

回答に納得して、信頼できると思った担当者と媒介契約を結びましょう。

これで不動産売却は、ほぼ成功したも同然です!

しかし、この方法は複数の不動産会社に行う必要があるんです・・・。

「複数の不動産会社に見積もりを依頼すると、後で断るのが嫌だなぁ…」

そう感じる人は多いですよね。

でも実は【断るときに楽なサイト】があるんですよ。

あなたが断らなくても良い!嫌〜な気持ちを代行してくれるサービス

このサイトには、「お断り代行サービス」があります。

このサービスは、あなたの代わりにお断りの電話を不動産会社に入れてくれるものです。

お断り代行サービスで安心査定のイエイ

安心して比較と検討ができるので、まずは見積もりだけ・・・という方には気軽に利用できるサイトです。

不動産を高く売るコツは、比較していい担当者を見つけること

不動産を高く売りたいなら、するべきことは「いい担当者を探すこと」です。

そのためにも、複数の不動産会社に見積もり依頼して担当者を比較してください。

イエイの一括査定サービスを利用すれば、後ほど不動産会社に断るのも代行してくれます。

安心して一括査定を依頼して、いい担当者を見つけましょう。

そうすれば、不動産売却は成功したも同然です!

一括査定におすすめのサイトはこちら
あなたの不動産、今いくら?お断り代行サービスで安心査定のイエイ

更新日:

Copyright© 元不動産社員の本音道場。 , 2018 AllRights Reserved.