満足できる不動産売却のために。 不動産会社の担当者を見極める5つの視点

更新日:

不動産売却は、売り手一人ではとてもできません。

売買活動や買い手との交渉を仲介してくれる不動産会社の担当者がいてこそ、満足できる不動産売却ができます。

ですがどんな担当者が良いのか、見極めるのは難しいですよね。

そんなあなたの役に立つ、不動産会社の担当者を見極める5つの視点をご紹介します。

まずは不動産会社に査定依頼

不動産会社の担当者と出会うきっかけとして、まず複数の不動産会社に査定を依頼しましょう。

無料の一括査定サービスを利用すると、簡単で効率的です。

不動産売却の査定では、入力情報だけで簡単に算出する「簡易査定(机上査定)」と実際に不動産物件を見てから査定する「訪問査定」があります。

良い担当者を見つけるには「訪問査定」での対応がとても大切な情報源になります。

訪問査定で担当者を見るときに確認する5つの視点

訪問査定で尋ねてきた不動産会社の担当者に注目してみてください。

①第一印象で、清潔感はあるか

不動産売却は、大変高価な売買です。

そのパートナーになる担当者は、買い手との交渉にも立ち会ってもらいます。

第一印象に配慮できることは最低限の条件ですよね。

②話を聞いてくれるか

不動産を売ると一言でいっても、さまざまな理由や目的があります。

たとえば遺産相続のためだとか、
どうしても引っ越ししなくてはならない事情だとか、
もしくは急な資金繰りだとか。

そんなあなたの要望をしっかり聞いてくれるかどうかは、とても重要な点です。

ただ売るためだけの提案を一方的にまくし立てるような担当者はあなたの目的を重視してくれるとは思えません。

③知らないことがあった場合の対応

不動産のプロである担当者といっても、すべてを知っているわけではありません。

あなたの質問に答えられないときもあります。

そんなときに曖昧に
「大丈夫です」
「私にまかせてください」
と言って、やり過ごすような担当者は
少々信用できません。

「調べて、後日お答え致します」と
誠実に対応してくれる方こそ信頼に値します。

④あなたの気持ちを組んでくれるか

不動産を売るときは、多かれ少なかれさまざまな思いがあるでしょう。

住んでいたときの思い出や亡くなられた方々の記憶で売買の決心が揺らぐ人もいます。

「思い出が多すぎて、売るのを迷ってしまいますね」と、そのような気持ちを打ち明けてみるのも担当者選びのコツです。

そこであなたの気持ちを無視してまで不動産を売らせようと営業トークを始める担当者は、ちょっと信用できませんよね。

あなたの気持ちを配慮しつつ、不動産売却のプロとしてアドバイスしてくれる方がベストではないでしょうか。

⑤宅地見物取引主任者の資格があるか

宅地見物取引主任者の資格を持っていることはその担当者の向上心や責任感を示す一つの目安です。

また、宅地見物取引主任者は、重要事項説明書や契約書に記名・捺印ができる資格です。

つまり、この資格をもっているということは、あなたの不動産売却の最後まで、責任を持って対応する気持ちの現われとも言えます。

以上の5点をクリアしている担当者は、不動産売却のパートナーとして素晴らしい人材です。

出会えたら、ぜひ不動産売却の仲介を依頼しましょう!

良い担当者を見つけることが、不動産売却成功への近道

不動産の売却は、いろいろな条件で価格が変わってきます。

ですから、高く売るためには、もっともいい条件を引き出してくれる不動産会社の担当者にかかっています。

だからこそ担当者をよく観察して、本当に信頼できる人を見つけましょう。

不動産会社への査定依頼は、担当者と出会う絶好のチャンスでもあります。

まずは一括査定サービスを利用して、複数の不動産会社とその担当者にアクセスしてみてください。

-不動産, 担当者

Copyright© 元不動産社員の本音道場。 , 2018 AllRights Reserved.