不動産売却は書類まみれ! 必要な書類・資料リスト

更新日:

高額なお金が動く不動産売却は、必要な書類や資料が沢山あります。

準備するにも一苦労です。

専門的な書類も多いので、実際に準備・作成するときは不動産会社のアドバイスや代行サービスがあります。

ここでは、全体的にどんな書類があるのかご紹介します。

最低限必要な書類・資料

まず、どんな不動産を売るにしても
必要な書類や資料をご紹介します。

①身分証明書

売り主と不動産の所有者が同じであるか確認するための書類です。

相続などで、所有者が共有名義になる場合は、全員の身分証明書が必要になります。

②実印および印鑑証明書

印鑑証明書は、発行から三カ月以内のものを用意します。

③住民票

登記上の住所と現住所が違う場合は、住民票も必要になります。

④登記済権利書または登記識別情報

不動産の所有者を証明する重要な書類。

売買契約が成立したときに、この書類を買い手に渡して、移転登記を行います。

⑤固定資産税納税通知書および固定資産税評価証明書

固定資産税の納税額の確認に必要になります。

また、移転登記にも登録免許税の算出に必要です。

⑥売買契約書

不動産の売買が決定した際に売り手と買い手で交わす書類です。

基本的には不動産会社に作成をしてもらいます。

物件や条件によって必要になる書類

一戸建てやマンション、土地というように、
不動産の内容によって必要な書類があります。

売りたい不動産の種類や条件によって、
なにが必要か、把握しておきましょう。

①売る不動産について、ローン返済中の場合

  • ローン残高証明書、またはローン返済予定表

②一戸建てもしくは土地を売る場合

  • 土地測量図・境界確認書(必要に応じて)
    売却範囲を確認するために必要です。売る範囲がはっきりしていない場合は、隣接不動産の所有者に確認の上、作成する必要があります。
  • 建築確認済証および検査済証(必要に応じて)
    売る不動産が建築基準法に沿っている証明書です。
    法律に適合した建築物の証明は、買い手の安心感と販売価格に関わります。
  • 建築設計図書・工事記録書等(必要に応じて)
    不動産の設計や工事についての記録書。
    物件の維持管理やリフォームに役立つ資料です。

③マンションの場合

  • マンションの管理規約、または使用細則等
  • マンションの維持費等の書類
    (管理費、修繕積立金、管理組合費、町内会費、等)

マンションは共同部分の管理や使用細則がありますから、買い手にとって購入するときの重要な情報になります。

その他、あれば役立つ書類・資料

以下の書類は、絶対に必要なものではありません。

しかし、買い手に信頼されたり、有利に交渉を進める役に立つ書類・資料です。

準備できれば、売買の決め手になるときもあります。

  • 耐震診断報告書
  • アスベスト使用調査報告書
  • 地盤調査報告書
  • 住宅性能評価書、既存住宅性能評価書等
  • 購入時の契約書
  • 重要事項説明書
  • 販売時のパンフレットや広告

不動産を高く売るには、書類・資料が大切。

不動産会社と打ち合わせてしっかり準備しよう

このように、不動産売却に必要な書類・資料は山ほどあります。

買い手に要求されてから準備すると大変です。

できる限り、そろえておきましょう。

どれも不動産の価値を証明する情報ですからあれば高く売れます。

不動産会社とも相談して準備してくださいね。

-不動産, 必要書類

Copyright© 元不動産社員の本音道場。 , 2018 AllRights Reserved.